サイトへ戻る

「根路銘01号室」内装に着手

全体の雰囲気を明るくする。まずは天井から。

· 古民家,大宜味村,YUMBARU HOTELS,根路銘01号室,リノベーション

QLCO代表の久保です。

「YUMBARU HOTELS(やんばるホテルズ)」の管理第1号物件、 「根路銘01号室」リノベーションに着手し、今日からは内装の変更に着手しています。

フクギを剪定していなかったときは、日や風の入りがさえぎられていたことと、内装が黒をメインカラーとしていることで、妖艶な雰囲気が強くありました。

これを全体の雰囲気が明るくなるように仕上げていきます。

天井を変える

最初に手を付けるのが天井です。

現状、天井は、このような感じで、すべて黒く塗られています。

柱や梁、壁は、なかなか出せない、とても良い感じの深いこげ茶になっているので、これは、囲炉裏があった名残なのではないかと推測しています。(間違っているかもしれません。)

このこげ茶色よりも深い黒に塗られた天井が、せっかくの柱や梁に染み込んだ、この家の歴史を覆い隠してしまっているようにも思えました。

そこで、この天井に、杉の5分板を増し張りすることで、昔の雰囲気を取戻しつつ、少し明るい雰囲気に仕上げ、梁や柱とのコントラストを楽しめるようになることを狙います。

今日のところは作業途中のため、施工結果は後日アップします。

雰囲気がどう変わるか、結果が楽しみです。

進行状況は逐次発信

「YUMBARU HOTELS」では、「オーナー様」の負担なし(つまり私どもの負担)でリノベーションを行います。

「オーナー様」にとって、大事な「ご先祖様」がいらっしゃるお家のリノベーションの進行状況は気になるもの。

このように、このブログを通して、進行状況を逐次発信していきます。

募集中!

常時、管理物件募集中です!

古民家をお持ちで管理にお困りの方、本サービスにご興味をお持ちの方、ご連絡お待ちしております。

※なお管理物件とさせていただく古民家には審査がございます。

【お問い合わせ先】

kubo.hayato@qlco.jp 090-1888-2002 久保 勇人(クボハヤト)

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK