サイトへ戻る

「根路銘01号室」自社予約サイトオープン!

OTAサイト以外からの流入を期待して

· YUMBARU HOTELS,根路銘01号室,QLCO,OTA

QLCO代表の久保です。

YUMBARU HOTELS - 根路銘01号室をオープンして、1年ちょっとが経ちました。

しばらくBLOG更新が滞っておりましたが、自社予約サイトをオープンしたので久しぶりにBLOGをしたためます。

OTA

みなさんもご存じの通り、ほぼすべての宿泊施設はオンライントラベルエージェンシー(OTA)と呼ばれる宿泊予約サイトに登録して、お客様からの予約を受け付けています。

OTAには、Airbnb、Booking.com、楽天トラベルなど様々なものがあり、それらに施設情報を登録し、価格を設定し、Wブッキングがないように予約状況を同期していきます。

OTAによって、考え方がまったく異なるところが、登録する方がつまずくポイントになります。

たとえば、消費税の扱い宿泊料金の設定方法(ルールベース、個別設定)手数料の考え方(ゲスト負担、ホスト負担、料率)など、ほんとうにマチマチです。

この考え方の違いについては、別の回でお伝えします。

予約システム

宿泊施設の経営に影響があるのが手数料(コミッション)で、高いOTAでは宿泊価格の20%、低いOTAでも3%ほどが、ホストにかかります。

これをできるだけ小さくしていくためには、自社で予約システムを導入し、直接予約を受けられるようにすれば良いのですが、そう甘くはありません。

この予約システムですが、一般的に月に数千~数万円の利用料がかかるものが多く、さらに他のOTAと同様の登録作業が必要となる(つまり管理する登録先が増える)という2つの課題があり、今まで導入をためらっておりました。

Booking Suite / Booking Button

4月に入り、宿泊料金の更新のため現在登録しているBooking.comにログインし作業していたところ、今まで気が付かなかった項目があることに気が付きました。

コレです。

マーケットプレイス?

Booking Suite?
Booking Button?

よくよく説明を見ると、これを申し込めば直接予約の取れる自社予約サイトが開設でき、Facebookページとの連携や自社HPへの埋め込みも簡単にできるとのこと。

先に上げた2点の課題については、次の通りでした。

  1. 利用料:月額1,242円/コミッション不要/30日間の無料期間
  2. Booking.comに登録したデータがそのまま利用できる

これが本当ならスゴイです。

導入してみました

ということで、さっそく導入。

指示に従って少しだけ設定を行い、FacebookページとHPに埋め込み

(あっけなく)できました。

YUMBARU HOTELSの予約サイトはコチラです!

結論

もし、既にBooking.comに登録しており、FacebookページやHPを運用している方には、以下の点でまちがいなくオススメです。

  1. 利用料が安い
  2. コミッションがかからない
  3. Booking.comに登録された情報をそのまま使うので、登録の手間がない

実際には予約が入らないと意味がないので、副次的な効果として、FacebookページやホームページをPR媒体として積極的に使うモティベーションに繋がります。

ぜひ、みなさんも利用してみてください。
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK